in 仕事, 読書

戦略を立てるということ


事業をやっていれば、戦略、戦略となにかと戦略を
立てろ、事業は戦略通りにいってるのか、次の一手は
などなど、戦略を求められることが多々ある。

戦略の立て方とかは色々本も出てるので割愛。
最近はこの本読んだ。

今回は戦略を引くということの重要性を理解する。
ということを意識するためにこのエントリー書いた。

これはこないだ師匠に諭された言葉。
事業責任者は戦略、戦略って確かに言うけど、
きっちり戦略を立案し、その通りに実施できれる
責任者はそうはいない。

特にネットビジネスは環境変化も早いし、
指標にしていたこともコロコロ変わる。

そんな中、常に戦略を引けるように脳みそを鍛え上げること。
それを指摘された。

そんでそれって具体的にどう鍛えんのって
お言葉も頂いたので、自分の戒めようにメモ。

■戦略を引くということの重要性を理解する
・とりあえずプレイヤーを挙げていく。(競合、伸びている市場)
・そのプレイヤーを買収した時にどうやって、
 市場を獲りに行くか考える。
・そのプレイヤーが過去にやってきたこと。
 プレスリリースを見て、なぜこの時期にそれを出してきたのか考察する。
・そのイメージが今後、マークしたプレイヤーが打ってくる
 施策とどうズレてて結果がどうなったかを考察する。
・これを繰り返す。

■あとオマケに責任者の心得も
 ・誰の意見にも流されてはいけない。自分以上に事業を
  考えてる奴はいないのだから。
 ・事業戦略を否定されても、本当に自分の戦略が正しいと
  思うならケンカをしなくてはならない。
  例えそれが取締役、社長だったとしても。
 ・予算の乖離を埋めるような小さな小銭稼ぎはするな。

以上。
きちんと心がけたい。


Write a Comment

Comment

  1. OMG! I never saw Melrose place either! Does that make menfr..di.fe.e.t? Or Partridge Family, or Brady Bunch, or any series since, if you don't count some Law and Order, JAG, and NCIS (I want to be Cote De Pablo's bitch). I did have a girlfriend once who insisted we stop doing the Boy and Girl thing on Thursday nights between 10:00 and 11:00 p.m. so she could watch Falconcrest. Does that count?