in 仕事

飛び込み営業


今日は昼に資料作成してると。

前回、blogに書かせてもらったK氏が、

K氏

「今から営業行くけど着いてくる?」

「行きます!!(即答)。」

K氏

「じゃあ3分で用意して。」

「了解!!」

ということで、初めて先輩以外との営業同行に行くことになった。

訪問先に行くまでの間に昔の営業マン時代の話を聞かせてもらう。

K氏が言うには若いときなど、わからなくて当然。

相手に質問されてわからないことなどがあっても「宿題にさせてもらいます。」

と言って帰ってこれば良い。

ただ、一生懸命さが伝われば、多少頼りなくても相手は分かってくれるそうです。

そういうことが積み重なって一人前になっていくのだと。

若いというのはデメリットだと思ってましたが、誰でも若い時代はあったはず。

自分も一歩一歩頑張ろうと思いました。

ほんで、訪問先に着いて、いざ営業スタート。

k氏

「すいません本日はお忙しい中。。。今日は新人研修で新人の者を

同席させて頂きます。」と紹介される。

そして、商談。

K氏はいつもの先輩の営業スタイルと全然違った感じで、

とても親しみやすいような雰囲気にもっていく営業スタイル。

途中で、K氏に

「他の人の同行でこういった例ある?」と話を振られるも、

うまく切り返すこできました。

そして商談終了!

K氏

「いや~結構話し込んじゃったね。それじゃあ次はこの辺のビル回ろうか。」

「他にもアポあるんですか?」

K氏

「いや、飛び込むの。」

「飛び込み営業っすか!」

そう、K氏は飛び込み営業が大得意で新しいビルを見るとワクワクする

そうなのだ…。

K氏

「じゃあ、このビル、ビル倒しするか。」と早速、ビルの最上階に行って

受付まで飛び込む。

その後ろを付いていく僕。自分もワクワク!!

という風に最上階から下の階までどんどん下っていくのでした。

そこで飛び込み営業で大事なこと3か条!!


① 話は手短に自分がどういうもので、どういう理由できたかを話す。

②直接、商談に繋がることはほとんどない。相手の名刺をもらうか、

   受付で担当の人の名前を聞く。(帰って電話掛けるため)

   資料を渡してそれをフックに再度アポもあり。

③飛び込みは断られることが大前提。恐れず数を周るべし!

 

やっぱり、飛び込み営業はどれだけ数を周れるかやなー

と思いました。あとは断られるてもめげない勇気!

今度、自分も一人で営業に行ったときに試してみよう!!

と思いました。度胸もつくしね。


Write a Comment

Comment